水グリッドとは

水グリッド

提案件名
災害時に「いのち」を守る    水グリッドの構築
技術課題名:            (技術提案のみ)
提案者名   神谷 昭    
提案者所属法人名及び役職
給排水管路再生事業(協) 
              
本提案の経緯

平成22年度の国の助成による水道管の調査・研究成果をもとに提案書作成。

平成23年福島事故後、神谷昭所属の団体とJAXA水専門管とで企画した提案書を基礎としている。

主に国内向けへの発信と、海外の水システム貧困国救済が目的で行う予定であった。

福島放射能事故の除染への従事が4年にわたり、この提案はこれから重要性を有する。

原発設置の市町村では非難に伴う水確保は最も重要となる。

又、福島の再生を世界へアピールするためにも「水グリッド」は不可欠な新産業である。
2018年02月02日