首都防災・地方再生

日本沈没は現実問題です。

 

100年に一度づつ、東北トラフ、東海トラフ、南海トラフが動いて太平洋側は壊滅しました。

以前は足で歩く時代でした。

今、太平洋ベルトに輸送網・ビル・マンション・住宅が密集・日本の産業の80%が集中します。

磯田道史博士(天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災 (中公新書))は

日本沈没の危機を今。意識することの重要性を語りだしました

東日本大震災で地震と津波と放射能の3重苦・

水ラップ・福島4年間の体験からの提案

首都直下地震は、30年間で70%確率で発生します。

しかも、地震は必ず発生する

原発は劣化する・事故は必ず発生する。

必要なことは命を守る、命を救う「地域事業」です。備えあれば憂いなし、本事業の主役は未来を担う「中学生・大学生」若きベンチャー企業家です。そして、ソーシャルファンドの投資家です。
事前に行うことは

ライフウオーターシステム

当面地震が起きた後は、命があったら、

生活用水の不足  

トイレなどの水は川、堀、外堀、池などのたまり水を「凝集ろ過」でOK

汚物処理     

固形化して暫定的に埋める(フレコン放射能対策で行う)ミニユンボでOK

トイレの詰まり  

通常の詰まり直し機器で対応する、トーラーやミニジェット(水はろ過水)

下水やトイレの使用停止 

下水ストッパーでOK

夜間の発電    

工事で使う発電機一式で対応でOK

しかし

飲料水の不足が起こる。

首都直下と南海トラフが連動・原発事故が発生・津波も起こる・放射能が拡散した福島と同じような三重苦が再来したら、それらが東京から名古屋・関西地域と連動していたらどこから来ますか「水」です。  

創意を結集して、水も電気もつくる水グリッド(水AIロボ)を準備する

緊急時の傷の手当には純水を、日常でも使える「上質飲料水」はもちろん。

水は酸素水から水素水、健康にいい機能水までつ切り出す「水AIロボ」です

これこそ備えと思います。

水グリッドとは

東日本大震災より大きな事故が首都圏にはおこります。東北を東京、関西圏がサポートして、今では話題にもなりません。しかし、事業とは本質的に、命を守り、命を救うものです。備えあれば、日常は、さらに豊かになります。

地域コミュニティーは最高の防災対策

地域チームをつくる「多機能な集まりで目的は一つ」

地域「水AIロボ」◎◎君を生み出す志士の会からで。

宇宙の生活者の命を守る水

日本最高峰技術が作り出した考えが水の「ミネラルバランス」づくり知恵です(JAXA成果)

私たちを取り巻く基本的環境

1%に集中したお金を「水AIロボ」作りに投資をしてもらい。

水の販売価格より改修する・エンドレス事業が始まり、増殖する

医療費は各段位節約できるでしょう。

水が様々な機能ごとに生産されるシステムが生まれるからです。

金融スペシャリストの活躍、

新金融「クラウドファンド」の活用も大切です

AI管理づくりの研究開発者参加

チーム作りの担い手はベンチャーの「志士」です。

貴方です

50基以上の原発(放射能物質)がこの日本列島にあります。

原発ゼロ法案に根拠があります

水道管路がすべて連結しているので便利だがリスクも大きい

水道管路はこれからは第二水道を基礎に水AIロボネットワーム

将来医療費は衝撃的に削減

野菜の栄養バランスが世界水準をこえる・・ベランダ農業

科学は果てしなく「自然を超える自然」を作きますが

水AIロボ(水グリッド)は平和で健康な生活を提供する、みんなが参加できる「弱者支援」事業です。

   

命を守る、命を救う

水グリッドとは

水グリッドは地方再生にも役立ちます

日本の火山・温泉を活用します。

日本中に全くあたらしいスポーツ・最先端農業(花)・養殖・幼魚の温泉地が生まれます。

水グリッド事業は無限の事業です。